小陰唇肥大の手術ができる病院はどう選ぶ?


原因や手術の方法について説明してくれる病院を探そう

小陰唇肥大の原因は、遺伝や出産など様々ですが、人によってはパートナーから指摘されたり、陰部の周辺が不衛生になったりと悩むケースもあります。そうした中、小陰唇肥大の手術を希望するにあたり、初回のカウンセリング時に一人ひとりの患者の小陰唇肥大の原因や、適切な手術の方法について、詳しく説明してくれる病院を選ぶと良いでしょう。最近では、無料でカウンセリングに申し込める病院も多くあるため、症例写真や患者の感想などをチェックして、経験豊かな医師に気軽に相談をすることがおすすめです。なお、メスを使用しない小陰唇肥大の手術の中には、日帰りで対応してもらえることもあり、仕事や学校を休みたくない人も安心です。

術後に丁寧なケアをしてくれる病院がおすすめ

小陰唇肥大の手術を受けた後には、個人差がありますが、患部の周辺が腫れてしまったり、痛みや痒みが出たりすることがあります。そこで、なるべく早く普段通りの生活をしたい場合には、術後に医療機器や医薬品などを使って丁寧なケアをしてくれる病院にお世話になることが大事です。婦人科や産婦人科の名医がいる病院では、小陰唇肥大の手術を希望する患者に対して、術後の後遺症のトラブルを防ぐため、低価格でアフターケアを行っているところも珍しくありません。また、病院によっては患者側がアフターケアの方法を選べるところもあります。そのため、術後の仕上がりの良さにこだわるうえで、予算や肌の状態などを考慮しながら、理想的なケアの方法を決めると良いでしょう。

小陰唇の手術は事前にカウンセリングを行います。手術内容や当日の流れは丁寧に分かりやすく説明されるため安心です。