期間面や補償面でメリットが多い合宿免許!


長期休みが取れた場合におすすめ

合宿免許は、短期間で集中して免許取得したい方におすすめの方法となっていて、普通自動車オートマチック免許なら最短14日か15日で卒業が可能で、マニュアル免許であっても1日か2日プラスするだけで終えられます。合宿は、長期休みが取れる学生や若者の利用に向いており、免許センターの最終試験の日程も考慮すれば、20日程度の連続したスケジュールを確保しておくのが良いでしょう。

どの合宿免許に行く事が出来るのか

東京に住んでいる人が行ける合宿免許対応の教習所は、静岡・北関東・千葉・甲信越エリア等があり、新幹線や特急を使って行く事が出来ます。交通チケットは高額になってしまいますが、多くの合宿免許で往復のチケットやその代金を支給してもらう事が可能なので、教習生が交通費負担をする事はほとんどありません。

運転が苦手であっても安心な補償サービス

運転が苦手な場合は、技能教習や卒業検定を不安に感じてしまう事がありますが、その不安を払拭してくれるサービスが合宿免許にあります。代表的なサービスとして、技能教習の再延長や卒業検定の再検定が無料(上限設定をする合宿も有ります)になる事が多いので、余計なプレッシャーを感じずに運転に取り組めるでしょう。

食事の準備をする必要があるのか

半月程度の合宿期間中に気になる事と言えば食事についてです。食事は、入所日から卒業日まで毎食が付いてくる事から、自分で準備する手間を省く事が可能です。自由時間は、効果測定の学習や筆記試験の予行問題等を解く時間に充てておくとスムーズに試験を通過する事が出来るでしょう。

合宿免許は、春休みなどの長期休みは高めになりますが、それ以外の時期は30万円以内のリーズナブルな料金で入所する事が出来ます。料金の中には、宿泊代や食事代も含まれています。