CADって何?CAD導入によるメリットはあるの?


CADはどんな業界で使われている?

CADはComputerAidedDesignの略で建築や自動車、服飾などの設計や製図をコンピューターを利用して電子化するシステムのことです。今まで手書きだった図面をデジタル化できるので、工程の効率化や生産性の向上、コスト削減にもつながります。CADに関する資格も数多く存在し、製造業務を行う業界で幅広く活用されています。

CADは、汎用型と専用型に大きく分けられます。汎用型では幅広い分野で利用できますが、専用型は特定の分野に限って効率化を図ることが目的となっています。各分野用に特化されたものがあり、代表的なものでは機械用や建築と土木用、電気に半導体、自動車や服飾デザインなど物づくりには欠かせないツールです。近年では、手書きや2Dでは表現が難しい曲線などを立体的に表現できる、3DCADによる製図も行われるようになってきました。

CADを導入することによるメリットは?

CADが多くの業界で使われている一番の理由は、手書きよりも簡単に製図を行えることです。以前は設計や作図の作業をすべて紙に手書きで行っていましたが、コンピューターの普及で作業が簡単にできるようになったのです。図面の線の太さの調整など技術が必要な場合でも、コンピューターであれば太さを設定するだけで同じ太さの線を引けます。また図面の修正も手書きの場合、他の箇所に注意して消す必要がありますが、CADならば線の修正や要素の追加であっても、その箇所だけの修正や追加が可能となります。

CADは、データ管理や共有する場合も便利です。紙の図面は複製が難しく、必要なときに郵送しなければなりませんでした。しかしCADで作成した図面なら、コンピューターやサーバーに保存することで複製や共有が楽になり、数人で同時に図面を作成することも可能なのです。

水道CADは、排水管工事や水回りのリフォームなど色々なシーンで採用されており、初心者でも基本的な機能を使いこなせるソフトの数も増えています。