LED照明に交換するメリットとデメリットを紹介します


LED照明に交換すると起こるメリット

多くの家庭や企業などでは、白熱電球などからLEDに変えるところも増えていますが、これには数多くのメリットがあります。LEDにおけるメリットには2つあり、一つは電気代の削減、もう一つは取り替えにかかる作業の負担軽減となります。一つ目のメリットである電気代削減については、白熱系蛍光灯と比較して、消費電力が半分以下に抑えられることです。加えて、電気を作る時に発生する二酸化炭素などの温室効果ガスを減らすことができます。

従来の白熱系蛍光灯では、一回の交換で約10,000時間照らせますが、LEDの場合は、5倍の50,000時間にまで広がります。通常2年に1度の割合で交換作業が必要となるものが、10年という長期間になるため、作業の軽減につながることとなります。

LED照明に交換する時のデメリット

省電力や交換作業の負担軽減などがLEDのメリットですが、高性能であるがゆえのデメリットもあります。その一つは、白熱系の蛍光灯と比較して、導入時の値段がかなり高いことです。白熱系蛍光灯は、200円から500円で購入できるのに対し、LEDは最低でも1万円と、約20倍から50倍の値段がかかります。更に高性能のものを選ぶと、2万円から3万円にもなってしまうことから、白熱系を選びがちとなります。

実際に光を照らす範囲も、白熱系蛍光灯と比較すると若干劣ります。360度という広範囲を照らす白熱系蛍光灯に対して、LEDは下方向のみを照らす仕組みとなっています。一定の場所で作業を行う場合は非常に有効ですが、部屋全体での作業となると、やはり少し暗いという印象を与えてしまうことがあります。

LEDライトパネルの中には予め記録されている動画を放映出来る物があります。ポスターや静止画を映すだけのパネルと違い、動く画像を流すことでより人目に付きやすい広告にすることが可能です。