現在では図面作成に必要不可欠なCAD!導入した場合のメリットとは?


誰でも簡単に製図ができ、時間も短縮できる

CADが用いられる以前、設計作業は紙に手書きをするという形が主流でした。しかし、CADの誕生で製品の形状や関連した情報を図面に書き込む作業がコンピュータで可能になった事で、作業の大幅な時間短縮が実現されています。また図面の場合、線の太さで仕様が変わってくるので、設計作業では同じ太さの線に調整する技術が要求されてきます。しかしCADはコンピュータによって太さを設定した上で図面作成できるため、誰でも容易に均一の太さの線を引く事ができます。

図面の修正も簡単にできる

CADの場合、図面の修正が容易にできる点もメリットの一つと言えます。手書きで設計作業をする時、修正の際は他の箇所を一緒に消さないように注意する必要がありました。またつい製図を行っていた紙が破れてしまうといったトラブルも少なくありませんでした。しかしCADでは、修正したい箇所をピンポイントで修正や削除する事が可能です。線を消したり新たな要素を加える際も、CADであれば修正箇所以外に影響が及ぶ心配をする事なく、正確かつスムーズに設計作業が行えます。

簡単に図面の共有や管理が可能

紙に作成した設計図面の場合、修正だけでなく保管や複製も容易ではありません。また図面を遠方へ郵送する事もあり、その場合、情報を共有するまでに数日かかってしまうケースもあります。一方、CADによって作成された図面は、サーバー上などに保存する事もできるので、共有やコピーが誰でも簡単に行えます。設計作業をする際、手書きの場合は一つの図面に複数人が同時に作業するのは難しいですが、CADであれば複数人が同時に一つの図面作成に関わる事が可能です。

正確な図面と見積もりの作成がPDFファイルから数十分程度で完成して、簡単で時間短縮可能な電気CADソフトがあります。